2009年09月17日

『月が昇れば』

iPodに代表されるMP3プレーヤー全盛の昨今、「CDが売れない時代」が続いていますね。

私もまた例外ではなく、車内の音楽は、カセットテープ→CD→MD、そしてiPodへと移行してきました。

そんな「CDが売れない時代」を助長している私ですが、全くCDを買わなくなったかというと、そんな事はありません。何カ月かに一回、無性に欲しくなる「作品」と出会うことがあります。


2009年9月16日発売

斉藤和義待望のニューアルバム

『月が昇れば』


斎藤和義(400).jpg

約2年ぶり13枚目のオリジナルアルバムですが、歌も良い、ジャケットもカッコいい、「超」がつく程のオススメです!

おなじみの『やぁ 無情』や『ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー』・『Summer Days』はもちろんですが、私が一番好きな曲は、『Phoenix』です。

先日逝去された忌野清志郎氏への想いを綴った曲ですが、なんだかちょっと切なくて泣けてきました。

私が購入したCDショップの店内POP広告には「秋の夜長に聴いて欲しい名曲の数々」とありましたが、まさにその通り!

秋の夜長に一緒にギターを弾き語ってみたくなりませんか?


posted by 店長 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。