2009年08月21日

ジャマイカ旋風inベルリン

吹き荒れてますぇ、ジャマイカ旋風!
先日の男子100Mに続いて男子200Mまでも世界新記録での金メダル。
U.ボルト、速すぎますねぇ、ホント凄すぎます!

それにしても、ジャマイカは短距離界をどこまで席巻するのでしょうか?
今大会を見ても、男子100・200Mをはじめ、女子100M・100Mハードルで
金メダル、女子100M・200M・400Mで銀メダル、その他も400Mまでの
短距離ではフャイナリストの顔ぶれににジャマイカの選手が数多く見られます。
おそらくこの後のリレー競技にも、旋風は吹き荒れるでしょうね。

私が小さい頃は、陸上短距離といえば、『C.ルイス』でした。
U.ボルトと同様に、100M・200M・4×100Mリレーをこなしながら、
走り幅跳びまで制覇してしまう彼の姿に、憧れたものでした。

それからも、短距離で有名な選手(私にとってですが・・・)は、
L.バレル、M.グリーン、M.ジョンソンとアメリカ人であり、アメリカは
常に短距離界の中心でした。

しかし、数年前のA.パウエルあたりから除々にジャマイカが台頭し、
現在のU.ボルトの偉業で、「短距離=ジャマイカ」の構図は完全に浸透したと
言えそうです。

私個人の見解としては今でも、「ジャマイカ=ボブスレー」なんですけどね・・・。


それはさておき、先日から施工している某ビルの外壁改修工事ですが、
既存塗膜を剥離したあと(前述参照)、高圧洗浄を行い、外壁の浮き部を
エポキシ樹脂注入しています。(今回の注入は防水屋さんによる施工)

エポキシ注入.jpg

エポキシ樹脂注入は、壁の剥落がないようにする為の、重要な下地処理の一つです。
この作業により、建物自体の安全性や耐久性が、長期に渡り保たれます。

この後は、左官屋さんの登場です。


posted by 店長 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。