2009年08月24日

熱闘!甲子園!!

菊池の夏が終わった。

『20年に1人の逸材』と言われ、その左腕から繰り出される
速球はMAX155km、切れ味鋭いスライダーとの組み立てにより、
「プロでも通用する」と称えられた、岩手代表 花巻東高校のエース
菊池雄星の夏が終わった。

今大会でも春のセンバツ同様、高校生には打てない投球を披露して欲しかったのですが、
初戦の長崎日大戦では3被弾を含む9安打5失点、
続く横浜隼人戦でも被弾するなど、本調子ではなかったような気がします。

私個人的には、横浜高校の松坂大輔(現ボストン・レッドソックス)や
東北高校のダルビッシュ有(現北海道日本ハムファイターズ )の時ほど
衝撃は受けなかったのですが(PLのKKコンビは別格)、素晴らしい素質と
将来性を備え持った投手であることは間違いありません。

準決勝敗退により、今後進路に関する事も取り立たされてくるとは思いますが、
果たして彼は来年どのマウンドに立っているのでしょうか?

メジャーのスカウト陣も興味を持っているようですが、
やはり彼には日本のプロ野球でもう少し活躍してほしいと思います。

やっぱり菊池には甲子園があっていますよ!
そしてきっと、「タテジマ」のユニフォームも似合うと思います!!・・・?

今から秋のドラフトが楽しみですね。
きっと真の弓が、彼を射止めてくれるでしょう! (敬称略)


それはさておき、今日から某駅前でビルの外部改修工事がはじまります。
 ・正面(パネル面)・・・ケレン・エポキシ系錆止め・フッ素樹脂塗装(吹付け仕上げ)
 ・残り三面(吹付けタイル面)・・・イサム塗料株式会社 アトロンエラストマー ER工法
という、一風変わった仕様です。

駅前で人通りも多いので、作業には綿密な計画と対策を練っています。
こういう事に「十分すぎる」というこうとはないですからね。

また、石目調仕上材吹付け仕上げの某ビル共々、施工経過を報告していきますね。


posted by 店長 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。