2009年10月10日

今岡に想ふ

CS出場を賭けて臨んだ、文字通り今年最後の大一番に完敗を喫し、2009年のシーズンを終えた翌日、またショッキングなニュースが飛び込んできました。

以前から一部報道ではありましたが、阪神タイガース 今岡誠が球団から来期の戦力外通告を受けました。

今岡本人は来期も現役続行を希望していますので、他球団からのオファーを待つことになりそうです。


今岡といえばリーグ優勝した2003年に首位打者、05年には打点王を獲得し、阪神の黄金期を支えた選手の一人です。

特に、首位打者を獲得した03年の天才的な打撃センスは今でも明確に覚えています。右打者でありながら、そして失礼ながらあの足の速さ(遅さ)で.340という驚異的な打率を残したバットコントロールは、落合博満(現中日ドラゴンズ監督)の再来かと思えました。

来年から今岡の『タテジマの7番』は見られなくなるんですねぇ・・・。


それにしても、09年のレギュラーシーズンもほぼ終わり、寂しい限りですねぇ。

中日の立浪、広島の緒方、西武の江藤・清水・・・。一時代を築いてきた選手が次々と引退していきますね。

横浜の工藤・仁志、ヤクルトの木田、そして阪神の今岡。来季はどのユニフォームを着ているのでしょうか?

さらに数年前のドラフトを騒がせた、阪神のワンダーボーイ 辻本も来季の契約は結ばれないようです。若干20歳。プロスポーツの世界に年齢や過去の実績は関係ないようですね。厳しい世界です。

でも「結果が全て」なのはプロスポーツもプロペンキ屋も同じです。また明日から仕事を頑張らねば!! (敬称略)


posted by 店長 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。