2009年12月18日

遅ればせながら@

先日、東野圭吾原作『容疑者Xの献身』のDVDを見ました。

よく小説が映像化される時、映像を見てから原作を読むか、原作を読んでから映像を見るか、というような事が言われますが、私は断然後者です。

東野作品は数多く読んでいますが、その中でも『容疑者Xの献身』は一番と言っていいほど好きです。単にミステリーものとして優れていることは言うまでもないですが、登場人物一人一人の描写が緻密で、気持ちの変遷・葛藤が感じ取れ、叙情的な作品としても完成度の高い作品です。さすが直木賞をとるだけのことはあります。

さて、映画の感想ですが、ご覧になった多くの方が述べられている通り、

「堤真一さん。素晴らしい!!」

の一言です。

次は、寺尾聰主演『さまよう刃』を見たいと思います。(敬称略)


posted by 店長 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。